平成28年〜  
平成27年〜  
平成26年〜  
平成25年〜  

平成26年 研修等報告

研修

平成25年度.中国・四国ブロック研修会(第2回)について報告します。

平成26年2月15日〜2月16日
シビックセンター(徳島市文化振興公社)

研修の狙い  
 育成技術
 相談技術


相談員は、被害者を支援するだけでなく、支援員を育成する役割を担っている。ということから、

(1) 育成するにあたって
 熟練した相談員に求められることは、
ケースに対して高度な支援が自立して行えること。支援の状況認識・展開・評価ができること。
話し方や話す態度に信頼感が備わっていること
などであることを学びました。



(2) 相談技術の向上を図る
 相談技術の向上を目指して強制わいせつ略取等の事例を用いてロールプレイを行いました。
限られた情報の中で支援内容をまとめ、ロールプレイを行うことはなかなか難しいことでした。
 以上のことより、よりよい支援活動を行うために、支援員一人ひとりが知識・技術を深め、豊かな人間性を備えるべき努力が必要であると感じました。

その他
 DV法、ストーカー法改正、性犯罪被害者のためのワンストップ支援センター岡山方式について学びました。
 性犯罪・性暴力被害者に総合的な支援を可能な限り一ヵ所で提供することで、被害者の心身負担の軽減、その健康の回復を図るとともに、警察への届出の促進と被害の潜在化防止を目的とするものであることを認識しました。





山口県公安委員会指定 犯罪被害者等早期援助団体
公益社団法人
 山口被害者支援センター
     
Yamaguchi Victim Support Center
      
〒754-0002 山口市小郡下郷1560-21
   相談電話 083-974-5115 時間 月〜金  午前10時〜午後4時


Copyright (C) 2013 Yamaguchi Victim Support Center. All Rights Reserved.